濃グリセリンとは

「乳化・可溶化。 頭皮・毛髪の保湿」

濃グリセリンとは、グリセリン濃度が84%~87%なのに対して、98%以上のものを言います。

ですので、効果などはグリセリンと全く同じです。

天然の油脂類に広く存在している多価アルコール。(大豆油や獣脂などの加水分解によって得られているものが多い)

吸湿性に優れている。

エマルジョンの乳化安定性の向上にも用いられる。

※グリセリンについてはこちら⇒※グリセリンとは

スポンサーリンク
シャンプー評価(大)

グリセリンと濃グリセリンの違いは?

グリセリンは、石けんを作るときの副産物として生成されるものです。

この生成された状態のままのものが濃グリセリンです。

ですが、このままだとグリセリン濃度が濃すぎてべたつきや重すぎなどの弊害が出ることもあります。

そのため、精製水で84%~87%に希釈したものを一般的にグリセリンといい製品に配合されています。

ただ、その濃度に合わせて配合量をコントロールすればいいだけですので、濃グリセリンが配合されているから重すぎてべたつくのではないか?と心配する必要はありません。

濃グリセリンの配合されているシャンプー一覧

濃グリセリンの配合されているコンディショナー・トリートメント一覧

髪美力薬用スカルプコンディショナーの評価解析

当サイト管理人が最もおすすめなシャンプー

今おススメのシャンプーはこちらです。

ハーブガーデンさくらの森シャンプー評価解析
⇒公式ページ「オーガニックシャンプーの常識を変えた【ハーブガーデン】 ハーブガーデンさくらの森シャンプー

※洗浄剤・毛髪補修剤・頭皮改善成分などの質すべてに優れたオールマイティなシャンプーです。悩んだらまずこちらで間違いなし!!

===============

髪美力育毛シャンプー(佐藤製薬)の評価解析
⇒公式ページ「薄毛の悩みに髪美力育毛シャンプー

フケかゆみ・赤みの悩みに一番おすすめ!!薄毛の悩みにもおススメです♪

============

シンプリッチ スーパーコーティングシャンプー
⇒公式ページ「スーパーコーティングシャンプー<シンプリッチ>

妊婦さん・赤ちゃんにとってもおススメな低刺激・安全性の高い優れたシャンプー♪

============

 

スポンサーリンク
シャンプー評価(大)
シャンプー評価(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。