【評価・解析の仕方】

当ブログでのシャンプー・トリートメントの評価・解析は成分配合のみでの評価になります。(+わたくし店長の考えを少々)

例えばシャンプーでいえば

シャンプーは汚れを落とすことが目的です。

ですので、汚れを落とすための成分「界面活性剤」の質を一番大切にしています。

次に大切にしているのが、毛髪補修成分の質です。

毛髪内部に吸着して補修するのか、表面をコーティングするのか?等で評価しています。

あくまでも成分として優れているかどうかにのみスポットを当てております。

【オーガニックの扱いについて】

オーガニック成分=安全と言うことではありません。

タバコでもオーガニックの葉100%で出来たタバコがありますが

それによって安全面が保障されているわけでもございません。

あくまでもその成分が安全かどうかを議論すべきものです。

ですのでオーガニック成分である為に評価が高くなると言うことはございません。

毛髪・頭皮に対してのオーガニックエキス・オイルの効能は

毛髪に対しては表面のコーティング剤としての効果しかありません。

シリコンが人工の油であるのに対して、オーガニックエキス・オイルは天然の油なだけです。

頭皮に対しては血行促進やフケかゆみの改善等に期待が出来るものもありますが、発毛を促進するものではありません。頭皮環境を健やかに保つのに少し役に立つ程度です。

【シリコンの扱いについて】

シリコンは毛髪表面をコーティングしてくれる人工の油です。

シリコンは毛髪の質感を向上させるためには欠かせない成分でもあります。

さらに、同じコーティング剤の役目をする天然の油等が酸化して逆に毛髪や頭皮にダメージを与えてしまったり、その植物へのアレルギーが発症する可能性があることを考えれば、シリコンは酸化せずアレルギーを持つ人もいづ、非常に安定した物質ですので安心して使用することができます。

唯一心配するとすれば毎日大量のシリコンが毛髪・頭皮に付くことでシリコンが幾重にも重なり成分の往来や頭皮に膜を張られてしまうことです。

ですのでシャンプーにはノンシリコン。コンディショナーやトリートメントにはシリコンが配合されているものという選択も悪くない選択であると思います。

シリコンが配合されているシャンプーの場合に気をつけなければいけないことは、シャンプーの質が低く、洗い上がりがごわついてしまうのでそれを誤魔化すためにシリコンを入れている場合です。

基本的にはシリコンが配合されていることがいけないのではなく、シリコンを配合しないといけないような質の低い作りをしていることが問題であると言えます。(特にシャンプーについて)

【防腐剤について】

防腐剤はなくてはならないモノです。

防腐剤が配合されていなければその商品は一週間も持たずに腐ってしまうでしょう。

日本の安全基準で防腐剤は配合していい量が決まっています。

例えばパラペンならトータルで1%未満。

ですが日本の各企業はさらに独自の安全基準を設けていますので実際に配合されている量は0.3%~0.5%程しか配合しないことも多いです。

なるべく天然の成分だけでと拘った結果、逆に雑菌が入って頭皮や皮膚を傷めてしまうことにもなります。

さらにキャリーオーバーという裏ワザがあります。

これは、そのメーカーが商品を製造するときに配合した防腐剤ではなく、原料の段階ですでに原料の中に防腐剤が配合されている場合(原料が腐らないように防腐剤が配合されています)

「防腐剤は配合していない」と記載していいことになっています。

ですので、防腐剤フリーと記載されている商品に、防腐剤が入っていないわけではないこともあります。

さらに、ベビーシャンプーや沐浴剤の多くは防腐剤が配合されています。

その結果赤ちゃんにトラブルは起きているでしょうか?特別アレルギーをもっているわけでなければトラブルは起きていないはずです。

防腐剤にアレルギーを持っている方でなければ、特別防腐剤を避ける必要はないでしょう。

さらに詳しくはこちら
「パラベンとは」

【成分配合表の読み方】

化粧品登録商品には全成分表示の義務があります。

さらに、成分は多い配合順に記載をしないといけません。

(1%未満の成分については記載順は自由)

ですので、それを元にして評価しています。

【医薬部外品・薬用品について】

医薬部外品(薬用)は、化粧品登録の製品と違い成分の表示義務も配合量順に記載しなければいけない決まりもありません。

ですので、医薬部外品の商品の評価は何が一番配合量が多いかわからない状態での評価になります。

※このサイトでの評価・解析は管理人である「店長」の主観での評価ですが、同じ成分でも考え方が変われば評価が変わります。

わたくし「店長」と違う考えの方もいるでしょう。

ですので、皆様がご自分の考えで評価・解析ができるように、各成分の効果効能もすべて記入してありますので、ぜひご自分でも評価してみてください。

スポンサーリンク
シャンプー評価(大)
シャンプー評価(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加