ステアリルトリモニウムブロミドとは

「第4級カチオン界面活性剤・リンス剤(毛髪柔軟・帯電防止)」

ステアリルトリモニウムブロミドは第4級カチオン界面活性剤のひとつで、リンス剤や柔軟剤の事です。

スポンサーリンク
シャンプー評価(大)

トリートメント等への配合目的

第4級カチオン界面活性剤であるステアリルトリモニウムブロミドは毛髪に吸着されて帯電防止、柔軟剤、軋み改善・手触り向上剤として作用します。

毛髪の表面に吸着することで感触を向上させますが、毛髪補修剤ではなく、効果も一時的なものです。

洋服に洗濯物洗剤を使用後に柔軟剤を使用した場合にふわふわになりますが、あの感触こそがステアリルトリモニウムブロミド等を含めたカチオン界面活性剤の効果です。

同じものがリンス剤・トリートメント剤に配合されています。

皮膚刺激性について

ステアリルトリモニウムブロミドを含む第4級カチオン界面活性剤は皮膚刺激が強めの成分です。どれくらい強いかというと、ラウレス硫酸naという市販のシャンプーが批判されやすい原因の洗浄成分で言われている皮膚刺激よりも強いと言われています。

昔「リンスは頭皮につけてはいけない」と言われていたのをご存知の方もいるかと思いますが、あれは第4級カチオン界面活性剤の皮膚刺激の懸念から言われていたことです。

ですので、皮膚が弱い方などは少し注意した方がいい成分です。しかし、ほとんどのリンス・コンディショナー・トリートメント等にはこの第4級カチオン界面活性剤が配合されていますので、今まで特にトリートメント関係で頭皮トラブルがなかった人にはそこまで気にしなくても大丈夫だと思います。

ステアリルトリモニウムクロリドとの違いは?

かなり似た名称の成分で、ステアリルトリモニウムクロリドという成分がありますが、コレも第4級カチオン界面活性剤の一つで効果効能・注意点もほぼ同じ成分です。若干ステアリルトリモニウムブロミドの方が皮膚刺激が弱いと言われています。

第4級カチオン界面活性剤一覧

ステアロキシプロピルトリモニウムクロリドとは

ベヘントリモニウムクロリドとは

セトリモニウムブロミドとは

ベヘントリモニウムメトサルフェートとは
(第4級カチオンの良さ(コンディショニング力)を残したまま低刺激性に改良された成分)

ステアリルトリモニウムクロリド

ステアリルトリモニウムブロミド

ステアリルトリモニウムブロミドの配合されているコンディショナー・トリートメント一覧

ユント ヘアトリートメントⅢ(demiデミ)

当サイト管理人が最もおすすめなシャンプー

今おススメのシャンプーはこちらです。

ハーブガーデンさくらの森シャンプー評価解析
⇒公式ページ「オーガニックシャンプーの常識を変えた【ハーブガーデン】 ハーブガーデンさくらの森シャンプー

※洗浄剤・毛髪補修剤・頭皮改善成分などの質すべてに優れたオールマイティなシャンプーです。悩んだらまずこちらで間違いなし!!

===============

髪美力育毛シャンプー(佐藤製薬)の評価解析
⇒公式ページ「薄毛の悩みに髪美力育毛シャンプー

フケかゆみ・赤みの悩みに一番おすすめ!!薄毛の悩みにもおススメです♪

============

シンプリッチ スーパーコーティングシャンプー
⇒公式ページ「スーパーコーティングシャンプー<シンプリッチ>

妊婦さん・赤ちゃんにとってもおススメな低刺激・安全性の高い優れたシャンプー♪

============

 

スポンサーリンク
シャンプー評価(大)
シャンプー評価(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ


関連コンテンツとスポンサーリンク


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。