フェノキシエタノールとは

「防腐剤」

フェノキシエタノールとは、グリコールエーテルというアルコール成分の一種で、玉露や緑茶などの揮発成分で、製品の品質を保つため、防腐剤として用いられ、微生物の繁殖を防ぎます。

スポンサーリンク
シャンプー評価(大)

フェノキシエタノールの安全性

フェノキシエタノールは、自然界に存在する防腐剤である為に、無添加・自然派を謳う化粧品やシャンプーに配合されることもある成分ですが、皮膚刺激や、揮発成分の為に喉など呼吸器に不安がある方にはトラブルになる可能性のある成分です。

他の防腐剤のパラベンと同じように、製品配合量は1%未満と定められていることからもそのことはわかります。

しかしながらパラベンでもそうであるように、逆に言えば1%未満の配合であれば「安全である」と定められた量でもあるわけですので、基本的にはフェノキシエタノールにアレルギーを持っていたりするわけではない多くの方にはなんの害もない安全な成分と言えます。

パラベンやフェノキシエタノールを避けて、天然の防腐剤しか配合されていない製品を使用するよりも安全であると考えることも出来ますので、むやみに恐れる必要はない成分です。

詳しくはこちら→「パラベンとは」

パラベンとフェノキシエタノールの違い

同じように防腐剤として化粧品に配合されるこの2つですが、パラベンは旧表示指定成分です。

そしてフェノキシエタノールは旧表示指定成分に指定されていないことから、「フェノキシエタノールの方が安全」という説もチラホラと見かけますが、それは「フェノキシエタノールが比較的新しい成分である為に、表示指定成分の選定作業が行われた時代(1970年頃)には、まだリスクが出現していなかっただけです」

恐らく、その当時フェノキシエタノールが普及していたならば、パラベンと同じように表示指定成分に入っていたことでしょう。

さらには上記でも記載のように、パラベンもフェノキシエタノールも製品への配合は1%未満と同じ濃度までが上限であることからわかるように、肌などへのリスクもほぼ同列と考えていいと思います。

フェノキシエタノールの配合されているシャンプー一覧

アロマキフィ モイスト&エアリー シャンプー

アロマキフィ モイスト&スムース シャンプー

エッセンシャル しっとりツヤ髪 シャンプー の評価解析

ジュレームAMシャンプー(エクストラモイスト)の評価解析

ジュレームAMシャンプー(モイスト&スムース)の評価解析

シンプリッチ スーパーコーティングシャンプー

髪美力育毛シャンプー(佐藤製薬)の評価解析

フェノキシエタノールの配合されているコンディショナー・トリートメント一覧

アロマキフィ モイスト&エアリー コンディショナー

アロマキフィ モイスト&スムース コンディショナー

いち髪 濃密W保湿ケア コンディショナー評価解析

ジュレーム AM トリートメント (エクストラモイスト)評価解析

ジュレーム AM トリートメント (モイスト&スムース)評価解析

ディアボーテ オイルインコンディショナーの評価解析

ディアボーテオイルイントリートメントの評価解析

髪美力薬用スカルプコンディショナーの評価解析

マイナチュレ シャンプー

当サイト管理人が最もおすすめなシャンプー

今おススメのシャンプーはこちらです。

ハーブガーデンさくらの森シャンプー評価解析
⇒公式ページ「オーガニックシャンプーの常識を変えた【ハーブガーデン】 ハーブガーデンさくらの森シャンプー

※洗浄剤・毛髪補修剤・頭皮改善成分などの質すべてに優れたオールマイティなシャンプーです。悩んだらまずこちらで間違いなし!!

===============

髪美力育毛シャンプー(佐藤製薬)の評価解析
⇒公式ページ「薄毛の悩みに髪美力育毛シャンプー

フケかゆみ・赤みの悩みに一番おすすめ!!薄毛の悩みにもおススメです♪

============

シンプリッチ スーパーコーティングシャンプー
⇒公式ページ「スーパーコーティングシャンプー<シンプリッチ>

妊婦さん・赤ちゃんにとってもおススメな低刺激・安全性の高い優れたシャンプー♪

============

 

スポンサーリンク
シャンプー評価(大)
シャンプー評価(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。